いますぐ転職したい…!転職初心者が絶対に知るべき転職活動の全知識

db_top_image

パナソニック CR2025 3V 10個 リチウムコイン電池 ブリスター オリジナル パッケージ ( 灰色 )

ぼっち

通称「ぼっち」。はかせのもとで学んでいる。友達が少ない。ただし鋭い観察眼と理解力がある。少々斜に構えた発言が多いのがネック。

はかせ

何を専門としているのかよく分からないが、何でも知ってる物知り博士。「ぼっち」という名前の教え子がいる。最近は痛風に悩まされている。

 

————-某日————-

 

ぼっち

転職したいんだけど、何がなんだかわからないよ…

とりあえず今回は転職やめとこっかな。。忙しいし。。

はかせ

(ひょっこり)

お困りのようじゃな?

ぼっち

あ!じじi…じゃなくて、博士!!!

はかせ

(なんか言われたような…まぁ気のせいか)

転職で悩んでるようじゃな?どれ、わしがここはかわいい教え子のためにひと肌脱ぐかのう!!

ぼっち

え、ほんと!?

助かるよ〜!今困ってたところなんだ。。

はかせ

そうかそうか、じゃあざっくりと「転職活動とはどんなことをすればいいのか?」について説明していくぞ!

実は、転職活動は突然「やるぞ!」と始めるものではなく事前にやるべき準備があるんじゃ。

もちろん、転職先候補が決まっていようとなかろうと、最初に取りかかることじゃ。

 

パナソニック CR2025 3V 10個 リチウムコイン電池 ブリスター オリジナル パッケージ ( 灰色 )

    以下に適合します:nbsp;.
  • モデル番号を入力してください これが適合するか確認:
  • パナソニック CR2025 3V 10個 リチウムコイン電池 ブリスター オリジナル パッケージ ( JAN:4589448960603 )
  • 電圧 3V 寸法 Φ20 × 2.5(mm)
  • 重量 約2.3g(1個あたり)
  • 生産国 インドネシア 海外逆輸入 産業流通用 新品バルク品 ( Industrial Brand New Products )
  • 誤飲防止 パッケージ( 開封後の取扱いにはご注意をお願い致します。 )※電池を保管する場所が高温・高湿度の場合には、電池性能が大きく低下し本来の性能が発揮できないことがありますので、高温・高湿度での保管はお控えくださいますようお願い致します。※電池をピンセットでつかむ際は必ず電池の横だけに触れる形で掴むようお願い致します。プラス端子とマイナス端子に触れるとショートして電圧が不安定になります。また、素手で電池に触ってもショートを起こしたり、指の脂が付着します。正常に使用できない場合がありますのでお控えくださいますようお願い致します。※簡易電圧測定器では、コイン電池の電圧を正しく測定できないものがあります。測定可能電池以外のものは電圧を測定しないようお願い致します。

商品の説明

パナソニック CR2025 3V 10個 リチウムコイン電池 ブリスター オリジナル パッケージ ( JAN:4589448960603 )
電圧 3V 寸法 Φ20 × 2.5(mm)
重量 約2.3g(1個あたり)
生産国 インドネシア
誤飲防止 パッケージ( 開封後の取扱いにはご注意をお願い致します。 )

車・オートバイのリモコンキーや腕時計の電池交換に最適。
高品質のパナソニック(松下乾電池)のリチウムコイン電池。
大量発注や定期発注など御相談下さいませ。

■関連品番: ECR2025 DL2025 KECR2025-1 CR2025 SB-T14
■品番:CR2025
■製造元:パナソニック(インドネシア製)
■使用期限:表面もしくは裏面にて記載。
※検品は、国内提携工場にて行なってます。
※初期不良の場合は、ご連絡を宜しくお願い致します。
※パッケージは、当社オリジナル。
※電池を保管する場所が高温・高湿度の場合には、電池性能が大きく低下し本来の性能が発揮できないことがありますので、
 高温・高湿度での保管はお控えくださいますようお願い致します。
※電池をピンセットでつかむ際は必ず電池の横だけに触れる形で掴むようお願い致します。
 プラス端子とマイナス端子に触れるとショートして電圧が不安定になります。また、素手で電池に触ってもショートを起こしたり、指の脂が付着します。
 正常に使用できない場合がありますのでお控えくださいますようお願い致します。
※簡易電圧測定器では、コイン電池の電圧を正しく測定できないものがあります。測定可能電池以外のものは電圧を測定しないようお願い致します。

ご注意(免責)>必ずお読みください

●電池を乳幼児のそばに放置しない電池は乳幼児の手の届くところに置かないでください。万一、飲み込んだ場合は、すぐ医師に相談してください。また、乳幼児は機器から電池を取り出し、飲み込む場合がありますので十分に注意してください。特に、コイン形リチウム電池の誤飲は、短時間で化学反応が起き最悪の場合、死に至るおそれがあります。●電池の液が皮膚や衣服についたら、水で洗い流す電池の中の液が皮膚や衣服についたらきれいな水で洗い流してください。万一、目に入った場合は、すぐにきれいな水で洗い流して、医師の診察を受けてください。●機器の使用後は必ずスイッチを切る液もれ原因の多くは、スイッチの切り忘れ。使用後は必ずスイッチを切ってください。●スイッチのない機器(時計、ワイヤレスマウス、リモコンなど)は定期的に電池を交換するスイッチのない機器は常に弱い電流が流れ電池が消耗しています。機器が動作不安定な状態になった場合は電池の消耗と思われますので早い時期に電池をお取替えください。●長い間使用しない時は、電池を機器から取り出すスイッチを切っていても機器の中の電池は電気が少しずつ減っていきます。液もれの原因にもなるので長期間使用しない時は電池を取り出しておいてください。取り出した電池は、個別にケースに入れるなどして、ショート(短絡)しないように注意してください。●電池を使い切ったら、早めに取り出す液もれなどを起こして機器を傷めることになります。使い切ったら電池は取り出してください。●電池の取替えは全部まとめて。新しい電池と古い電池は混ぜない一緒に使うと、古い電池のために電池全体でのパワーが弱くなってしまいます。また、古い電池が液もれを起こすこともあるので取替える際は必ず全ての電池を新しいものに交換してください。●電池は同じ種類を使う電池を2個以上使用する場合、銘柄(会社名、ブランド名)や種類の違う電池、また、サイズが違う電池を混ぜて使用すると、それぞれの電池の性能が違うため、液もれや破裂の原因につながります。●電池はショート(短絡)させない電池をネックレスやヘアピン、コイン、鍵などの金属製品と一緒に持ち運んだり保管しないでください。金属は電気を流すため、電池のプラス極とマイナス極に鍵などの金属がふれるとショートして大きな電流が流れ、発熱、破裂、発火する場合があります。また、ボタン電池が9V形電池のプラス、マイナス端子部に挟まりショートすると、電池が充電または過放電され破裂や発火するなどして危険です。●電池の表面に傷があるものなど不具合電池は使用しない外装シールがはがれたり、傷のある電池は使用しないでください。特に変形したり、亀裂のあるものや異臭のするものは絶対使用しないでください。●電池の(+)(-)を逆にして使わない電池が充電される場合やショートする場合があり、液もれ・発熱・破裂するなどして危険です。●電池や電池パックは分解、改造はしない電池や電池パックを分解すると内容物で化学やけどを負ったり、破裂し発火する場合があり危険です。また改造すると危険を防ぐ機能が損なわれ、破裂、発熱、発火する原因となります。●電池は火中に投入しない電池を火中に投入すると、破裂や発火し非常に危険です。また、電池を加熱すると、液もれ、破裂、発火などが起こる場合があり危険です。●電池や電池パックは濡らさないジュースなど液体で電池を濡らすとショートしたり、さびたりします。組み込まれている保護回路が壊れて発熱、破裂、発火する恐れがあります。●電池や電池パックに強い衝撃を加えない電池や電池パックを高所から落としたり、投げつけたりして強い衝撃を与えないでください。変形してショートし、発熱、破裂、発火するおそれがあります。●電池は直射日光、高温多湿の場所を避けて保管する湿度が高いと電池に露(水分)がつき、ショートすることがあります。また高温下に長い間放置されると性能が低下します。

はかせ

転職活動は、スピードが命じゃ!

…とはいうものの、半年ほど慎重に転職先を選ぶ人もおるから、あまり焦る必要はない。

自分のペースで妥協せず転職先を探せるかは「期間」「計画」にかかっているんじゃ。

ぼっち

「とにかく急いで転職する!」ではなくて

細かく計画を立てることが大事なんだね。

 

1 転職活動期間の目安は「3ヶ月〜6ヶ月」

在職中の転職では、転職先を選び内定をもらうまでに経済的・精神的余裕が出るため、理由がない限りは「在職中の転職活動」がイチバン良い方法です。

 

2 「入社からの逆算スケジュール」で計画を立てる

逆算スケジュールを立てる方法

1 転職予定日を決める
2 退職予定日を決める

■退職時にやるべきこと

  • ボーナスを貰える時期はいつか?
    →時期が近いならボーナス受け取り後の転職が良い
  • 有給休暇はどのくらいあるか?
    →転職活動で休暇を利用すると効率的。
  • 今の会社の繁忙期を避けて転職活動をする
    →迷惑をかけずに退職するため
  • 就業規則で決まっている退職希望時期(通常は1ヶ月前)を調べる
    →転職希望を伝えるべき時期は会社によって決まっているから
  • 業務の引き継ぎを同僚や上司と相談する(内定出た後でも可だが早めに!)
    →円滑に自分の仕事を後任者に受け継ぐ準備をしておくこと
3 求人応募を始めるタイミングを決める

■求人応募から内定が出るまでの時間

  1. 求人応募(内定が欲しい時期から最低1ヶ月前までに)
  2. 一次選考(書類選考)は1週間以内に行われる
  3. 二次選考(面接)は応募から1週間〜2週間
  4. 内定
4 転職活動を始める前の準備をおこなうタイミングを決める

 

3 急な面接・日程調整の対策

下記のようなスケジュールの悩みがよくあります。

  • 一次選考を通過した企業から急に日程を告げられた。
  • WEB応募した企業から紙の履歴書を送るように告げられた。
  • 証明写真が必要なときにない。
  • 面接時に着用するスーツの準備をまだしていなかった。
  • 面接対策をしていない。

面接対策は、前々から準備をしておけば問題がありませんが、「いつでもできるから」と後回しにしてしまいがちなのが、当日持参する書類や写真、着用するスーツなどのアイテム。

転職活動で余裕がある時期は、転職活動の最初の2ヶ月ほど。

情報収集をしながら、面接などで必要なものを早めにそろえておきましょう。

 

転職活動のやり方・方法・流れ|転職先企業選び編

はかせ

次はイチバン大切な「転職先選び」じゃ!

事前準備をしっかりこなし、計画を立ててさえいれば、転職先を選ぶ時間は十分に確保できる。

ぼっち

焦らず、希望の条件が整っているホワイトな企業を選びたいね。

転職活動は、事前準備がどのくらい丁寧にできているかが大切です。しかし、転職先選びは、実際に自分の条件に照らし合わせて探さないとどうすることもできません。

ここでは、転職先企業を選ぶためのポイントをご紹介します。

ポイントをつかみ、スムーズに転職先を選ぶことができるようにしていきましょう。

 

1 転職先を探す方法をおさえる

転職先を探す方法

  1. ハローワーク(公共職業安定所)
  2. 求人情報誌
  3. 転職サイト
  4. スカウトサービス
  5. 転職エージェント

ハローワークや求人情報誌を利用した人も多いかもしれません。また、使ったことはなくとも、存在を知っている人が大半でしょう。

一方で、転職サービスには複数の種類があることを知っている人は、結構少ないのではないでしょうか?

ネットから利用できる転職サービスには、「転職(求人)サイト」「スカウトサービス」「転職エージェント」があります。

このうち、転職サイトと転職エージェントを利用して求人を探すのが通常の方法です。

登録しておくべき転職サービスは業界・職種・希望別で下記に記載しています。

 

2 転職先企業の求める人材像を知る

「求める人材像」の調べ方

  • 採用情報や募集要項から求める人材の欄を見る
  • 会社HPや採用上ページで採用条件を見る

 

3 転職先に求められる経験・スキルを整理する

転職先に求められる経験・スキル整理の方法

  • ルート営業経験を活かした既存顧客との関係維持ができる
  • 経理担当事務職の経験を活かして、転職先候補企業でも経理事務作業を行える
  • アパレル販売職の経験を活かして新規顧客獲得の営業職として働ける

ここではあくまでも転職先を選ぶ際の目安にするだけで大丈夫です。

むしろ、面接してから初めて分かる企業との相性もあります。

 

4 職場に求める条件を整理する

「転職先に求める条件」とは

  • 勤務地
  • 給与・賞与額
  • 仕事内容・役職・職種
  • 休日日数、残業時間

 

5 複数の企業へ応募する

2〜4の転職先の探し方を踏まえて、複数の企業への応募をすることも大切です。特に、転職サイトを使って自分で求人を探す際には、1社だけではなく2〜3社を同時に応募することが必要になります。

2〜3社への同時応募が必要な理由は、転職活動の期間が伸びてしまうことを避けるため。


 

ここまでの内容の補足に加えて、面接対策・必要書類について知りたい方はぜひこちらの記事を参考にしてくださいね。

【全知識】転職活動のやり方・期間・面接対策・必要書類まとめ!

【全知識】転職活動のやり方・期間・面接対策・必要書類まとめ!

 

転職エージェントと転職サイトの違い

転職エージェントと転職サイトの違い

転職エージェントを知る上で欠かせないのが、「転職サイトとはどのような部分が違うの?」ということ。

結論から話しますと、転職エージェントと転職サイトの違いは、「担当者がサポートしてくれるかどうか?」というポイントです。

転職サイトでは、求人選びから入社まですべての一人で行う必要がありますが、転職エージェントでは、さきほど前の見出しでご紹介したサポートをすべて無料で受けることができます。

下記では、代表的な「違い」を表形式でまとめてみました。

転職エージェント 転職サイト
使いやすさ エージェント(アドバイザー)と面談があるため本気で転職したい人向け。 自分のペースやタイミングで転職活動を続けられる。
求人数 自分で選べないがおすすめの求人を一般公開されていない求人から紹介してもらうことができる。 数万〜数十万件の求人から自分に合った求人を自分で検索可能。
手間 応募先企業との間でやり取りする必要はなく、代わりにエージェントが面接日程や給与交渉、入社時期の決定を調整してくれる。 選考書類の送付や面接日程調整、給与交渉や入社時期の決定は自分で企業と相談しつつ決める。
成功率 エージェントがあなたの魅力やスキルを応募先企業にアピール(営業)してくれるため、書類選考や面接突破率が高め。 書類選考で落とされてしまう確率が高い。(その分多めに応募と面接を受ける必要がある。)
情報収集のしやすさ 取り扱っている求人企業の内部事情や雰囲気などを転職相談時やメール・電話のやり取りで教えてくれる。 アドバイスを受けることができないため、口コミや掲示板で情報収集する必要がある。
面接対策 エージェントによるが、面接対策のための情報提供や模擬面接をしてくれる場合が多い。 面接対策本などを使って自分で面接対策をしなければならない。
キャリア相談 イメージしていた転職先とは異なる選択肢や、あなたの能力や転職市場価値を分析してくれるため心強い。 アドバイスを受けられる転職サイトは一部を除きない。

ここまで見てきて分かるように、転職者にとってメリットが多いのは「転職エージェント」であることがお分かりいただけたのではないでしょうか?

しかし、もしかすると転職サイトを使ったほうが良い場合もあるかもしれません。

下記では、エージェントと転職サイトのそれぞれのメリット・デメリットを解説しているので、どちらを使うか迷っている方は参考にしてください。

 

転職エージェントのメリット・デメリット


転職エージェントを活用するメリット
  • 転職活動に必要な準備をすべてサポートしてくれる。
  • 一般公開がされていない非公開求人を紹介してくれる。
  • 応募先企業にあなたの魅力や価値をアピールしてくれる。
転職エージェントを活用するデメリット
  • 担当エージェントによって紹介の質やサポートの質が変化する。
  • 自分一人で求人を探すのに比べ、エージェントとのやり取りに手間がかかる。
  • 転職市場価値が低い経歴だと、紹介してくれる求人が少ない。

転職サイトのメリット・デメリット


転職サイトを活用するメリット
  • 豊富な求人数があり自分の条件に合った求人を探すことができる。
  • 自分のペース・タイミングで転職活動を進めることができる。
  • 複数の求人へ同時に応募することができる。
転職サイトを活用するデメリット
  • 面接対策や応募書類提出などを自分で行わなければならない。
  • エージェントに比べて書類選考で落とされる確率が高い。
  • 一般公開されている求人にしか応募することができない。

つまり、転職エージェントに向いている人・向いていない人は下記の通りになります。↓

 

転職エージェントに向いている人・向いていない人


転職エージェントに向いている人
  • 転職活動に自信がない人・一人で進めるのが不安な人
  • 年収アップ転職を目指している人
  • サポートを受けて手間を減らした状態で転職活動を始めたい人
転職エージェントに向いていない人
Supwell ウィッグ セミロング ボブ ショートカール ぱっつん前髪 女装 かつら フルウィッグ ショートボブ 耐熱 通気性 ゆるふわ 軽く セミロング ストレート レディス カツラ ファッション 可愛い 小顔効果 人気 ネット付きランドセルカバー 反射材(リフレクター)付き クリアデザインタイプ ブリリアントスター N4180300ナースシューズ スニーカーナースシューズ 白 マジックテープ メンズ スニーカー ホワイト 疲れにくい 軽い 楽 医療用 シューズ 立ち仕事 疲れない 靴 看護師 外反母趾 レディース エアバックソール1-3cm [イノヤ]250pcs ボルトセット 十字ねじ マシンネジ 修理ツール ステンレス鋼 収纳ケース付きお花のレース 3M  幅2.5cm レース リボン ケミカルレース モチーフ ハンドメイド リメイク 布 生地 ハギレ (ミント)いたずらクモ 蜘蛛 ジョークグッズ 偽 スパイダー お化け屋敷パーティー マジック 手品 道具 二次会 ドッキリ コスプレ 小物 装飾 安全 無毒 ハロウィン ギフト眼鏡テンプル 眼鏡先端のヒント 拡張可能 プラスチック製 耳サックチューブ 交換用 修理ツール 4ペアセット メガネ備品2.2 インチインターナル ビードロックリングホイール タイヤインナー Internal Beadlock Wheels Hub ラジコン カー Wraith 90018に RC Crawler 23番 (4個, シルバーとブラック)
(YOSHINARI) Mercedes Benz ベンツ 専用 キーケース キーホルダー E クラス S クラス CLS Coupe C クラス B クラス A クラス CLA GLC GLE G クラス エレクトリックキー スマートキー (セット、ピンク)夏用 UVカット 手袋 レディース 手袋 UVカット レディース メンズグローブ(UVカット・接触冷感・スマホ操作可能) 紫外線対策 手荒れ対策 保湿ケア 薄手 通気性 日焼け防止 出勤 運転用 自転車 サイクリング 男女兼用HIT モンキレンチ150mmHuaming バイク用パンツ メンズ バイクパンツ プロテクター ライディングパンツ デニムジーンズ ストレッチ素材 オールシーズンベッド 低床 連結 ロータイプ すのこ 木製 LED照明付き 宮付き 棚付き コンセント付き シンプル モダン ブラック キング(SS+S) ベッドフレームのみ 『Aperty』アペルティ仏壇屋 丸型高杯 供物台供物机仏具仏壇仏膳タメ6寸約18cmお盆法事のお供えお膳御膳お盆やご法事にお供え物を盛る供物皿 フルーツトレイ,B,7インチ[えみり] レディース ショルダーバッグ トートバッグ 鞄 ハンドバッグ ワンショルダー フェイクファー ソフトハンドル ふわふわ 大容量 手提げ 肩掛け 斜めがけSHUMAIL(シュメール) バイカラーニット アンクレット (スカイブルー)
  • 一人でマイペースで転職活動を始めたい。
  • 応募書類の準備など、転職活動をすでに経験している。
  • 未経験求人を複数見つけて応募したい人。

自分に合った転職エージェントの選び方とポイント

  1. 世代別に使いやすい転職エージェントを選ぶ。
  2. 複数の転職エージェントに登録する。
  3. 特徴やサポート内容を確認して登録するエージェントを選ぶ。

それぞれ解説していきます。

 

1 世代別にチェックすべき選び方

以下、「第二新卒」「20代後半」「30代」「40代以上」に分けて、転職エージェントの選び方を解説していきます。

 

第二新卒

第二新卒は、新卒から3年以内に転職する若手人材のことを指します。

今では、第二新卒に特化した転職サイト・エージェントがあるくらい、第二新卒を積極採用する企業が増えてきています。

すでに以前の職場でビジネスマナーの基本を抑えている方も多いため、企業側としても採用がしやすいのが最大のポイントです。

第二新卒者の場合には、総合型転職エージェントのうち2〜3社へ登録し、そのまま自分の現状のスキルと経歴で転職できる条件の求人を紹介してもらえばOKです。

また、第二新卒に特化した転職エージェント・サイトを同時に登録することで、より幅広く多くの求人を見ることができます。

 

20代後半

20代後半の転職者は、第二新卒と比べて転職市場でより有利な求人を見つけやすい立場になっています。

経歴や経験が増えたということは、その経歴を最大限活かして転職するために、「職務経歴書」「面接対策」をしっかりおこなった上で、応募先企業にアピールすることが大切です。

ほかの業界への転職の場合でも、前の職場での経歴は大きなアピールポイントになります。

そのため、まずは総合型エージェントのうち、大手でサポート体制が厚い転職エージェントを活用します。「マイナビエージェント・リクルートエージェント」を中心に、大手転職エージェントに登録しましょう。

 

30代

30代の転職では、とにかく「キャリアアップ」「年収アップ」の観点から転職求人を探すことをおすすめします。

30代の場合、すでに蓄積された経歴を整理して応募企業に伝える必要があるため、「どんなアピールポイントがあるか?」「どんな業界・職種/業種であれば自分は最大限活躍できるのか?」を客観的に分析します。

自分の売り込み方を最大限準備した上で、面接に臨む必要があるのです。

年収アップ転職やキャリアアップ転職に強い総合型転職エージェントを活用しつつ、特化型や「ビズリーチ」などのスカウトサービスを利用することで、有利な求人を探しやすくなります。

 

40代以上

40代上の転職では、基本的に「高い人材市場価値」が求められる年代です。当然、求人の募集要項で提示される年収や役職・地位は高いものになります。

その分、面接を通過する難易度は、下の年代と比較して高いでしょう。

しかし、心配する必要はありません。転職エージェントからあなたの経歴や職種の専門性をヒアリングしてもらい、適した条件の企業を紹介してもらえば良いのです。

特に、非公開求人の中には、あなたの経験・スキルがマッチするものがある可能性が高いです。

非公開求人数が多い総合型転職エージェントへの登録をするとともに、スカウトサービスやハイキャリア人材向けの特化型エージェントを活用しましょう。

 

2 複数の転職エージェントを活用する

ひとつしか登録しないで転職活動を始めた場合と比べて、希望する転職先へ転職できる確率が高いことを示すデータがあります。

自社調査結果より。複数の大手転職サービスが提供するデータ、アンケートを元に作成。

複数の転職エージェントを選ぶ際には、3社ほど登録しておくと良いでしょう。

特におすすめしているのは、下記の4つの総合型転職エージェントです。

 

最初に登録すべき総合型転職エージェント一覧

最初に登録すべき総合型転職エージェントは下記の通りです。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

https://mynavi-agent.jp/

リクルートエージェント

リクルートエージェント

https://www.r-agent.com/

 

ハイキャリア・年収アップ転職で登録すべき転職エージェント一覧

登録すべき転職エージェントは下記の通りです。

パソナキャリア

パソナキャリア

http://www.pasonacareer.jp/

BIZREACH(ビズリーチ)

https://www.bizreach.jp/content/landing/bizreach-07/?trcd=0AFLB0000003_PC_&utm_source=aflb&utm_medium=affiliate&utm_campaign=aflb&utm_content=bizreach-07&trflg=1

https://www.bizreach.jp/

JACリクルートメント

JACリクルートメント

http://www.jac-recruitment.jp/

 

フリーター・第二新卒向け転職エージェント一覧

登録すべき転職エージェントは下記の通りです。

ワークポート

ワークポート

https://www.workport.co.jp/

ハタラクティブ

ハタラクティブ

https://hataractive.jp

 

専門職に特化したエージェント一覧

専門的な分野の職種・業種の方は、下記をぜひ参考にしてください。

業界・職種/業種 おすすめ転職サービス
IT・Web業界 「SE・ITエンジニア」におすすめの転職エージェント・サイトTOP5!
広告・マスコミ業界 「広告・マスコミ」におすすめの転職エージェント・サイトTOP5!
コンサルタント 「コンサルタント」におすすめの転職エージェント・サイトTOP5!
保育士 「保育士」におすすめの転職エージェント・サイトTOP5を調べました
介護士 「介護職」におすすめの転職エージェント・サイトTOP5を調べました
看護師 「看護師」におすすめの転職エージェント・サイトTOP5を調べました
医師 「医師」におすすめの転職エージェント・サイトTOP4を調べました
薬剤師 「薬剤師」におすすめの転職エージェント・サイトTOP5を調べました
保育士・幼稚園教諭 「保育士」におすすめの転職エージェント・サイトTOP5を調べました
アパレル業界 「アパレル職」におすすめの転職エージェント・サイトTOP5を調べました
言語聴覚士 「言語聴覚士」におすすめの転職エージェント・サイトTOP5を調べました
理学療法士 「理学療法士」におすすめの転職エージェント・サイトTOP5を調べました
作業療法士 「作業療法士」におすすめの転職エージェント・サイトTOP5を調べました
調理師 「調理師」におすすめの転職エージェント・サイトTOP5を調べました
税理士 「税理士」におすすめの転職エージェント・サイトTOP5を調べました
公認会計士 「公認会計士」におすすめの転職エージェント・サイトTOP5を調べました

 

職種別のおすすめエージェント一覧

転職したい職種が決まっている方は、下記をぜひ参考にしてください。

職種 おすすめ転職サービス
営業職 「営業職」におすすめの転職エージェント・サイトTOP5を調べました
企画職 「企画職」におすすめの転職エージェント・サイトTOP5を調べました
管理職 「管理職」におすすめの転職エージェント・サイトTOP4を調べました
公務員 「公務員」におすすめの転職エージェント・サイトTOP5を調べました
事務職 「事務職」におすすめの転職エージェント・サイトTOP5を調べました
販売職 「販売職」におすすめの転職エージェント・サイトTOP5を調べました
技術職(機械・電気系) 技術職(機械・電気系)におすすめの転職エージェント・サイトTOP5!
技術職(食品関係) 「食品関係」におすすめの転職エージェント・サイトTOP5を調べました
技術職(建築・土木系) 技術職(建築・土木)におすすめの転職エージェント・サイトTOP5!
技術職(化学系) 技術職(化学系)におすすめの転職エージェント・サイトTOP5!

 

3 エージェントごとの特徴とサポート内容をよく読んで選ぶ

転職エージェントは、それぞれ細かく特徴とサポート内容が異なります。

「登録すべきエージェントは分かったけど、登録するのが不安」という方は、下記記事をぜひ参考にしてみてください。今回ご紹介したエージェントの特徴と活用法について詳しく解説しています。

おすすめ記事:おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

おすすめ転職エージェントランキング!選び方や注意点・活用法まとめ

また、転職サイトを比較したい方はこちらを参考にしてくださいね。

おすすめ記事:おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

おすすめ転職サイトランキング!選び方や登録後の流れ、活用法まとめ

 

【おまけ】ニーズ別!おすすめ転職サイト・エージェント

ぼっち

へへ。あなたの求める転職サービスを一発で見つけられるかもね。たぶんね。

転職相談なしで自分で求人を探したい方

転職相談を受けたい・求人を紹介してほしい方