• 素材構成: 85% 綿, 15% レーヨン
  • サイズ XS: 着丈61 身幅47 肩幅39 袖丈55
  • サイズ S: 着丈64 身幅50 肩幅42 袖丈57
  • サイズ M: 着丈67 身幅53 肩幅45 袖丈59
  • サイズ L: 着丈70 身幅56 肩幅48 袖丈61
  • サイズ XL: 着丈74 身幅59 肩幅51 袖丈63 サイズ XXL: 着丈78 身幅62 肩幅54 袖丈65  【素材構成】綿100%, グレーのみ:綿85% レーヨン15% ※受発注商品の為、決済完了後のキャンセル・サイズ・カラーの変更は受付致しておりませんのでご注意下さい。

301-sanmaruichi- オリジナルブランド【Lindwurm (リンドヴルム)】
【ルーズめに仕上がったビッグシルエットがポイントのフード付きデザインパーカー。】

・ユニセックスなのでペアアイテムとしても人気です。
・こなれ感溢れるストリート・サーフスタイルなど、デザイン豊富に取り扱っております!
・基本型のプルオーバー。平紐でスタイリッシュに。二重の大きめサイズのフードは被った時に、首回りに程よいボリューム感を与えてくれます。
・襟元には身頃と同色の襟伏せテープを施し、ネーム付け始末もきれいに仕上げています。フード紐は身頃と同色の平紐を使用しています。

※受発注商品の為、決済完了後のキャンセル・サイズ・カラーの変更は受付致しておりませんのでご注意下さい。
※デザインのズレや滲みによる返品・交換は承りかねますので予めご了承ください。
※パーカー本体は簡易ビニールパッケージに包装されております。
※印刷時に微妙な画像のズレ・色ムラが生じる場合があります。
※画像はサンプルイメージです。 できる限り実物に近い色味で掲載しておりますが、視聴環境によって多少の色の違いがあります。

Image via OHSU Doernbecher Children's Hospital

誰もがユニークだと伝えよう。ナイキの「患者がデザインする」スニーカー

Lindwurm パーカー メンズ プルオーバー スウェット レディース トレーナー 長袖 フード付き おしゃれ ユニーク パイン パイナップル フルーツ カラフル イラスト 90年代 レトロ 男女兼用 プリントパーカー

ウクライナの人々

「ウクライナの人は無料で乗れます」欧州各国の交通機関が決断へ

ロシアの侵攻により、故郷を去ることを余儀無くされたウクライナの人々。彼が必要とする移動手段を無料で提供する取り組みが、欧州で始まっています。

空飛ぶ家

未来の難民を救う。大気中のCO2を回収し、エネルギーに変える空中ハウス

あなたは「環境に優しい家」と聞いて、どのような姿を想像しますか? NYの建築家であるブレス・イー氏は、大気中からCO2を回収する、宙に浮かぶ家を提案しています。

ウクライナ アート

アート=自己表現、で終わらない。作品でウクライナを支援する3人の立役者

アートは、ロシア・ウクライナ紛争にどのようにアプローチできるのでしょうか。オラファー・エリアソンなど、3人のアーティストの取り組みを紹介します。

pulse for good kiosk

すべての人の声が聞こえる社会に。高齢者も障害者も感想をシェアできるハードウェア

障害者や難民の人のための施設や手頃な価格の住宅ユニット、生活困窮者への食糧提供……私たちの

CO2除去

米大学が、偶然にも「大気中のCO2を99%取り除く」方法を開発

米デラウェア大学が燃料電池の実験中に、意図せずに大気中のCO2を99%取り除く方法を発見しました。

防災

防災を、日常に。今日からできる3つのアイデア

そんないつ起こるかわからない防災のために「備える」のは難しい。また、たとえ備えていたとしても、災害時のみに使う防災用品を、いざというときにうまく使いこなすことは簡単なことではありません。ならば防災を、日常の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。今回は、そんなふうに今すぐに取り組めるアイデアをご紹介します。

クックパッド、紛争下のウクライナで作れる料理のレシピを募集

食料不足に陥る可能性が高まっている、紛争下のウクライナ。クックパッドは、人が生きるうえでの基本である「食」を守るため、食料や水が不足している状況でも美味しく作れる、料理のレシピを募集しています。

有毒ツアー

世界各地のプラスチック汚染を体験できる「有毒ツアー」

Toxic Toursは、プラスチック汚染が深刻な世界10か国の現状を映像とインタビューで伝えるオンラインツアーです。なぜプラスチック汚染が問題なのか、どんなことが起きているかを知る旅に出かけましょう。

mills fabrica

スタートアップの力で繊維業界をサステナブルに。香港生まれ、ロンドン育ちのイノベーションハブとは?

香港で紡績の事業を行っていた企業が、サステナブルな事業に取り組むスタートアップを支援する「The Mills Fabrica」を設立。彼らの香港とロンドンでの活動について取材しました。

「雨で消えるアート」がワイン名産地に登場。NFTで自然保護へ

2022年春、フランス・ボルドーの大地に、一度雨が降れば消えてしまうフレスコ画が描かれます。ですが、作品はNFTにして販売し、売上金を自然保護団体に寄付。このアート活動から、あなたは何を感じますか?

Jerry de Vos

美しくも「ごみだらけ」な島で目覚めた学生起業家、途上国で使えるプラスチック分別機を開発

「幼い頃、ミニカーにマグネットを付けて電車のようにつなげて遊んでいました」 そんな小さい時

国際女性デー

ジェンダー不平等から美のあり方まで。国際女性デーに改めて観たい広告5選

3月8日は「国際女性デー」。1975年、国際連合によって制定されたこの日には、世界中の多く

we are all interdependent

動く欧州のB Corp。ウクライナの人々に寄り添うアクション続々

ウクライナ危機を受け、ウクライナの人々を支援する動きが続々に出てきます。B corpのコミュニティや加盟企業も、動き出しています。

テニスコート

アディダス、「海に浮かぶテニスコート」で環境問題を訴える

これまで、様々な方法でプラスチック問題に取り組んできたアディダス。同社は今年、グレートバリアリーフに再生プラスチックでできたテニスコートを浮かべ、人々に意識変容の体験をもたらしました。